腰痛を治す腹直筋のストレッチ

      2016/05/20

腰痛を治す腹直筋のストレッチ一般的に腰痛を治すには『姿勢を良くした方が良い』と言われていますが、ただ背筋をピーンと伸ばしただけでは腰痛の予防にはなりません。

なぜなら背筋を伸ばすことで、上半身の様々な筋肉に変に余計な力が入ってしまい、腰への負担を減らすことが出来ないからです。

そうならないためにも、ある特定の部位の筋肉をしっかりと伸ばす必要があります。

そうすることで上半身全体の姿勢が固定され結果、腰痛を予防することにつながるのです。その方法とは『腹直筋のストレッチ』です。

腹直筋というのは、腹筋と言われているお腹の筋肉のこと。顎を引いて目線は前方におき、腹直筋を伸ばすように背中を反らしてみて下さい。

するとどうでしょうか自然と胸が張り、背筋がピーンと伸びているのが分かるかと思います。

普段使われていない筋肉を使いますので、始めのうちは慣れずにとても疲れてしまうかも知れませんが、回数を重ねるごとに改善されて姿勢が良くなっていきますので安心して下さい。

腰痛にお悩みの方は、この腹直筋を伸ばすストレッチを試してみることをお勧めします。

 - 腰痛改善体験エピソード