痛みが出る予兆を感じ取ってストレッチ

   

痛みが出る予兆を感じ取って事前にストレッチ大学生の頃から、たまにでしたが腰が痛くなる時がありました。

高身長(178cm)でしたから、かがむことが多かったですし、猫背で姿勢が悪かったせいもあるかもしれません。

社会人になり最初に就いた仕事が、たまたま重いものを運ぶ仕事だったため、頻繁に腰が痛くなるようになってしまいました。

一度痛くなると、1日~2日はまったく動けないほどの痛みで、整形外科・接骨院いろいろ通って治療をしましたが原因はよく分からず、痛くなって日にちが経ったら治るの繰り返しでした。

その後、転職をして就いた仕事は1日中パソコンの座り仕事で、それはそれで腰が痛くなりましたね。でもちょうどこの頃、あることに気が付いたんです。『痛くなりかけた時や腰が重く感じられた時、事前にストレッチをすると回避できる』時もあるということに。

ストレッチは、ヨガでいう猫のポーズを無理のない範囲でやります。そのポーズを10秒くらい、そして何度か繰り返します。毎回、回避できるわけではありませんが、かなりの確率でひどい状態になるのは防ぐことができています。

今は2歳の子どもを育児中(専業主婦)なのですが、たまに腰が痛くなりそうな時があるので、猫のポーズは欠かせません。腰痛が慢性化している人は、ひどくなりそうな予兆みたいなものきっと分かると思うんです。その予兆の時点でのストレッチはかなりオススメですよ。

 - 腰痛改善体験エピソード